【衝撃】新型特急「やくも」を巡って鳥取県が撮り鉄対策の「鉄則」5ヶ条を制定

  • URLをコピーしました!

新型特急「やくも」の運行開始に伴い、撮影を目的とした撮り鉄による問題が頻発しています。

これに対処するため、鳥取県は「鉄則」5ヶ条を設け、撮り鉄との共存を図る新たな試みを開始しました。

当記事では、新型特急「やくも」の運行と撮り鉄に起因する地元民とのトラブル、そして鳥取県が取り組む対策について深堀りします。

目次

新型特急「やくも」の運行開始とその影響

2023年4月、JR西日本は出雲市駅と岡山駅を結ぶ新型特急「やくも」の運行を開始しました。

新型車両の導入は、地域の交通網の改善と観光振興を目的としていますが、運行初日から撮り鉄によるトラブルが発生し、地元民との間に緊張が生じています。

撮影スポットでのマナー違反や私有地への無断侵入が報告され、地元からは強い反発の声が上がっています。

撮り鉄による問題と地元の反応

新型特急「やくも」の運行開始が撮り鉄による新たな撮影スポットにもなり、特に問題視されているのが、線路内や周辺の私有地への不法侵入です。

地元民からは、「撮り鉄による騒音やゴミの問題で生活が困難になった」との訴えが多数あります。

また、撮り鉄同士の場所取り争いが原因で小競り合いが起こることも少なくありません。

鳥取県の対策と「鉄則」5ヶ条の詳細

鳥取県は撮り鉄による問題を解決するため、「鉄則」5ヶ条を制定しました。

これには、

・立入禁止区域に入らない

・他の撮影者と譲り合う

・大切な鉄路と風景を守る

など、具体的な行動規範が含まれています。

県はこれらの規則を徹底することで、撮り鉄と地元民との間のトラブルを未然に防ぎ、共存共栄を目指しています。

引用:日本海新聞

まとめ

新型特急「やくも」の運行は多くの撮り鉄を引き寄せ、一部では問題行動が目立ちますが、鳥取県の取り組みにより、徐々に改善が見られ始めています。

地元民と撮り鉄との平和的共存を目指す「鉄則」5ヶ条は、他の地域における類似問題の解決策としても参考になる可能性があります。

今後、この取り組みがどれだけ効果を発揮するかが注目されます。

当記事は以上となります。

あわせて読みたい
【衝撃】JR西日本が撮り鉄に警告!?:特急やくもに抱きつく危険な行為をやらかす 最近、エックスなどで拡散されたある写真が、公共の安全と鉄道ファンのマナーに関する重要な議論を呼び起こしています。 この写真は、特急やくもの車両に抱きつく1人の...
あわせて読みたい
【衝撃】特急「やくも」の引退と撮り鉄の迷惑行為とは!? 日本で最後の国鉄型特急「やくも」が引退を迎えます。 その引退を前に、撮影を趣味とする鉄道ファン、いわゆる「撮り鉄」による迷惑行為が多発し、地元からは悲鳴が上が...
あわせて読みたい
【衝撃】九州の誇り「SL人吉」が語る時代の終わり 九州唯一の蒸気機関車である「SL人吉」が、長年にわたる歴史的旅路の終わりを迎えました。 多くの鉄道ファンと地域住民が愛したこの列車は、老朽化により営業運転を終了...
あわせて読みたい
【衝撃】銚子電鉄が撮影マナーに注意喚起を促す!! 千葉県銚子市に本社を置く銚子電鉄が、沿線での撮影に関する迷惑行為と、その対策について公式サイトで注意喚起を行いました。 列車の撮影者による悪質な行動が近年増加...
あわせて読みたい
【衝撃】名探偵コナン号の消失事件:30枚の枕カバーが行方不明 鳥取と京阪神を結ぶ特急列車「スーパーはくと」で運行されている「名探偵コナン号」が、不思議な問題に直面しています。 この列車は人気漫画「名探偵コナン」のキャラク...
あわせて読みたい
【衝撃】特急「スーパーはくと」の「名探偵コナン号」から枕カバー盗難されて、鉄道ファンに警鐘 2023年12月から運行が開始された「名探偵コナン号」の特急列車「スーパーはくと」で、座席の枕カバー8枚が盗難される事件が発生。 智頭急行は警察に被害届を提出する一...
あわせて読みたい
【衝撃】JR特急「やくも」と撮り鉄の迷惑行為:注意に対して逆ギレ JR特急「やくも」の運行が、鉄道写真愛好家(通称「撮り鉄」)による迷惑行為で地域住民からの懸念を呼んでいます。 美しい風景を背景に撮影されることが多いこの路線は...
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次