【衝撃】撮り鉄の迷惑行為への対策:鳥取県の独自ルール「鉄則」が話題に!!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

鳥取県日野町の住民団体がJR西日本から感謝状を受け取り、注目を集めています。

この背景には、撮り鉄(鉄道写真愛好家)の迷惑行為があり、地域と鉄道会社が連携して制定した「鉄則」が功を奏しています。

当記事では、迷惑行為の実態から「鉄則」の内容、そして地域の取り組みについて深堀りします。

目次
スポンサーリンク

撮り鉄の迷惑行為の実態と問題点

撮り鉄による迷惑行為は、近年ますます深刻化しています。

私有地への無断立ち入りやゴミの不法投棄、さらには線路内への立ち入りなど、地域社会に大きな影響を及ぼしています。

鳥取県でも、特急列車に抱きつくなどの危険な行為が確認されており、これが問題視される背景です。

鳥取県が制定した「鉄則」とその内容

撮り鉄の迷惑行為に対処するため、鳥取県や鳥取県警、鉄道会社などが連携して「鉄の道」マナーアップ協議会を結成し、5か条の「鉄則」を制定しました。

この「鉄則」は以下の通りです。

・第1条:立入禁止の場所や私有地へは入らない。

・第2条:安全な場所でルールに従って撮影する。

・第3条:他の撮影者と譲り合って撮影する。

・第4条:鉄道会社や地域と連携して鉄路と風景を守る。

・第5条:列車だけでなく地域の魅力も楽しむ。

これらのルールは、撮り鉄が安全に撮影を楽しみながら、地域社会と調和するために必要不可欠なものです。

地域と鉄道会社の連携による取り組み

「鉄則」の制定には、地域住民と鉄道会社の緊密な協力が欠かせませんでした。

鳥取県警や鉄道会社、そして地元住民が一丸となって取り組むことで、撮り鉄の迷惑行為を減少させるだけでなく、地域の美しい風景を守り続けることが可能となりました。

まとめ:撮り鉄のマナー向上と地域の魅力

鳥取県の「鉄則」は、撮り鉄による迷惑行為を防止し、地域社会との共存を図るための重要な取り組みです。

このようなルールの制定は、撮り鉄が地域の美しい風景を楽しみつつ、安全に撮影を行うための道標となります。

地域住民と鉄道会社の協力が、鉄道愛好家にとっても有益な環境を提供しています。

【動画】多くの撮り鉄が集まった381系やくもの“ラストラン”

あわせて読みたい
【衝撃】新型特急「やくも」を巡って鳥取県が撮り鉄対策の「鉄則」5ヶ条を制定 新型特急「やくも」の運行開始に伴い、撮影を目的とした撮り鉄による問題が頻発しています。 これに対処するため、鳥取県は「鉄則」5ヶ条を設け、撮り鉄との共存を図る...
あわせて読みたい
【衝撃】JR特急「やくも」と撮り鉄の迷惑行為:注意に対して逆ギレ JR特急「やくも」の運行が、鉄道写真愛好家(通称「撮り鉄」)による迷惑行為で地域住民からの懸念を呼んでいます。 美しい風景を背景に撮影されることが多いこの路線は...
あわせて読みたい
【衝撃】特急「やくも」の引退と撮り鉄の迷惑行為とは!? 日本で最後の国鉄型特急「やくも」が引退を迎えます。 その引退を前に、撮影を趣味とする鉄道ファン、いわゆる「撮り鉄」による迷惑行為が多発し、地元からは悲鳴が上が...
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次