【衝撃】NHK受信料訴訟の判決にSNSでは不安や疑問の声!!

  • URLをコピーしました!

2023年3月14日、東京地裁はNHK受信料と割増金の支払いを求めた訴訟で、一部の家庭に対し約68000円の支払いを命じました。

割増金の判決が出たのも初めてとのことです。

この判決はSNS上で大きな話題となり、多くの人々が様々な声を上げてます。

目次

事の背景や詳細

この訴訟は、受信契約を結んでいない東京都内の一般家庭3世帯が対象で、そのうち1世帯に対して請求額の約68000円の支払いが命じられました。

請求金額の内訳は、受信料の約4万2000円が2022年3月~2023年9月分、割増金の約2万6000円が2023年4月~2023年9月分です。

2023年4月施行の改正放送法により、NHKの視聴が可能な機器を設置しているにも関わらず受信契約を結んでいない場合、放送受信料に加え、その2倍に相当する割増金を請求することが可能になりました。

SNS上の反応

判決後、SNSでは、

・「とうとう出てしまったか…これから未支払いの所に沢山請求書来るんだろうね」

・「法を制するモノの天下」

・「二倍割増とか追徴課税やんけ。やはりNHK税」

・「やり過ぎるとアンテナ外したりスマートTV移行が加速するだけな気もする」

・「やはり時代はチューナーレステレビだな。PCモニターのみでも」

といった声が上がりました。

多くの人々がこの新制度に対して不安や疑問を抱いています。

NHKのコメントと今後の展望

NHKはこの判決を受け、

・「受信契約についての理解を得るため最大限努力するとともに、割増金制度の適切な運用に努め、受信料を公平に負担していただくための取り組みを進めていきます」

とコメントしています。

今後もこの問題は続く可能性があり、多くの人々の関心事となっています。

まとめ

NHK受信料訴訟の判決は、受信料制度に対する新たな動きを示しています。

SNS上では不安や批判の声が多く聞かれ、今後の展開に注目が集まっています。

NHKは受信契約の理解促進と公平な負担を目指していますが、この問題がどのように解決されるのか、今後の動向も注目されるでしょう。

当記事は以上となります。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次