【衝撃】相席ブロックをやめましょう!!高速バス利用の新たな問題点とその解決策とは!?

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

最近、高速バス利用時の「相席ブロック」という迷惑行為がSNSで大きな話題となっています。

この行為は、乗客が隣同士の2席を予約し、出発直前に1席をキャンセルすることで相席を避けるというものです。

当記事では、この問題の具体的な事例や各バス会社の対応、キャンセル料の現状、そして今後の対策について深堀りします。

目次
スポンサーリンク

具体的な事例と反応

あるバス会社がSNSに投稿した注意喚起により、「相席ブロック」という迷惑行為が明らかになりました。

この投稿には、以下のようなコメントが寄せられ、大きな反響を呼びました。

・当日キャンセル料は100%を取るべき」

・「2席分の料金を払うべきだ」

・「他人の迷惑を考えない人がいるんですね」

・「業務妨害だ」

これらの反応からもわかるように、相席ブロックは多くの乗客にとって迷惑行為とされています。

キャンセル料についての現状

キャンセル料については、各バス会社によって異なりますが、多くの場合、発車時刻前に連絡すれば手数料(片道乗車券の場合1枚につき100円)を支払うことで払い戻しが可能です。

島根県松江市に本社がある一畑バスでは、この手数料を取ることでキャンセル対応をしていますが、発車時刻を過ぎた場合のキャンセルおよび払い戻しはできません。

問題の影響と今後の対策

コロナ禍が明けた現在、高速バスの需要が高まる中で、相席ブロックの問題が顕在化しています。

一畑バスの担当者によれば、この行為は稀に確認されるものの、現時点では頻発しているわけではありません。

しかし、今後の需要増加に伴い、バス会社は迅速な対応策を講じる必要があります。

まとめと提案

相席ブロック問題は、乗客のマナー向上とバス会社の柔軟な対応が求められる現代の新たな課題です。

具体的な対策としては、以下の提案が考えられます。

・当日キャンセル料の引き上げ

・2席分の料金を支払うルールの導入

・迷惑行為に対する厳格な対応

高速バス利用者全員が快適に移動できるよう、乗客1人1人のマナー意識の向上が求められています。

当記事は以上となります。

あわせて読みたい
【衝撃】なぜ電車で指定席を2枚購入してはいけないのか!?大型連休での移動計画 大型連休は多くの人が帰省や観光で電車を利用します。 しかし、隣の座席を空けたいがために指定席を2枚購入する行為は実は許されていません。 JRの旅客営業規則により、...
あわせて読みたい
【衝撃】新幹線の飲酒問題:迷惑行為とその対策についての考察 大型連休中には、新幹線の旅でリラックスするためにアルコールを楽しむ人が増えています。 しかし、飲酒が過ぎると他の乗客に迷惑をかける場合があります。 当記事では...
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次