【衝撃】左折車の左側をすり抜けるチャリカスの行動が炎上!!交通ルールの基本とは!?

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

自転車の危険な運転行動が再び話題となっています。

特に左折する車の左側をすり抜ける自転車の行動が、多くの人々の関心を集めています。

当記事では、この問題の詳細や法律、教習所指導員の見解、そして実際の体験談を通じて、正しい自転車の乗り方を再確認します。

目次
スポンサーリンク

問題の背景と詳細

近年、自転車の悪質な運転行動が後を絶ちません。

その中でも、左折車の左側をすり抜ける自転車の動画がエックスで大きな話題になりました。

自転車の運転手はこの行動を「幅寄せ」と主張していますが、多くの人々からは「危険だ」との批判が殺到しました。

実際の投稿と映像は下記です。

法律と交通ルールの確認

自転車と自動車が共存する道路では、明確な交通ルールが存在します。

道路交通法第34条では、車両は左折する際に道路の左側端に寄せることが求められています。

これは自転車やバイクを巻き込まないための措置です。

教習所でもこのルールは厳しく指導されており、自動車の運転者は必ずこれに従う必要があります。

エックスで解説されてる人がいました。

教習所指導員の見解

滋賀県大津市の自動車教習所「ツキノワプロダクション」の指導員によると、左折車の左側をすり抜ける自転車の行動は非常に危険です。

動画に映っていた自転車は、左折車の側方を無理にすり抜けようとしてます。

正しい行動は「左折車の後ろで停止して信号待ちをする」ことです。

引用:まいどなニュース

実際の体験談

指導員の1人は、教習車で左折待ちをしていた際に、無理にすり抜ける自転車集団に遭遇した経験があります。

自転車乗りから罵倒されるという悲しい体験をした指導員は、「巻き込み事故を防ぐためにルールに従っただけなのに」と嘆きます。

このような体験談は、道路交通ルールの重要性を改めて認識させます。

引用:まいどなニュース

教習所指導員からのアドバイス

教習所指導員は、自転車やバイクの運転者に対して、安全運転の重要性を強調しています。

全ての人が時間に追われるわけではありませんが、周囲よりも先に行きたいという衝動に駆られることがあります。

しかし、すり抜け行為は非常に危険であり、避けるべきです。

自転車も適切な交通教育を受け、道路交通ルールを守ることが重要です。

引用:まいどなニュース
引用:まいどなニュース

まとめ

自転車の左折車の左側をすり抜ける行動は非常に危険であり、厳しく批判されています。

道路交通法や教習所での指導を守り、安全に運転することが重要です。

自転車も自動車と同様に交通教育を受け、正しい運転方法を習得することが求められます。

全ての道路利用者が安全に配慮することで、事故のリスクを減らせます。

当記事は以上となります。

あわせて読みたい
【衝撃】チャリカスママの交通違反事件が大炎上!!逆走・信号無視から逆ギレまでの全貌 最近、一部の自転車利用者による交通マナー違反が社会問題となっています。 特に注目されているのが「チャリカスママ」と呼ばれる一事件です。 当記事では、チャリカス...
あわせて読みたい
【衝撃】「ママチャリの人」問題と道路交通法のギャップ:衝撃映像から学ぶ 2024年4月、SNS上で「ママチャリの人」又は「チャリカスママ」として話題になっている自転車利用者の行動が注目されています。 自転車は免許不要で利用可能ですが、それ...
あわせて読みたい
【衝撃】ネットで炎上する「爆走ママチャリ」のリアル:危険な体験談から学ぶ 最近、前後にチャイルドシートを装着した「ママチャリ」の運転者が起こした交通違反の動画がエックスで広がり、大きな議論を呼んでいます。 当記事では、動画の内容と、...
あわせて読みたい
【衝撃】自転車の違反に反則金制度が導入される:改正・道路交通法の詳細と影響 2024年5月17日、参院本会議で改正・道路交通法が可決・成立しました。 この法律は、16歳以上の自転車利用者に対する交通違反に反則金を科す青切符制度を導入するもので...
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次