【衝撃】富山グラウジーズがリーグワーストタイの26連敗:B2降格圏内の23位以下が決定

  • URLをコピーしました!

プロバスケットボールB1リーグの富山グラウジーズが、悲しい記録を更新しました。

富山市総合体育館で行われたサンロッカーズ渋谷との1戦で、59対63のスコアで敗れ、リーグワーストタイの26連敗を記録。

この結果、B2降格圏内の23位以下が確定しました。

この試合を境に、チームはどのような変革を遂げる必要があるのでしょうか。

目次

背景情報:富山グラウジーズの苦境

2016年のB1リーグ開幕以来、富山グラウジーズは何度も降格の危機を乗り越えてきましたが、2023-2024シーズンは特に厳しいものとなっています。

シーズン序盤から故障者が続出し、主力選手の離脱がチームの戦力を大きく削ぎました。

1月に高岡大輔氏がHCを退任後、桜木JRスーパーバイジングコーチの下での立て直しが期待されます。

試合の詳細:緊迫した展開に敗れる

対サンロッカーズ渋谷戦は、序盤から富山が気迫のこもった守りを見せました。

ロースコアの展開が続く中で、富山はマンツーマンディフェンスとゾーンディフェンスを駆使し、日本代表のPF/Cジョシュ・ホーキンソン選手を中心に緊密なマークを展開。

しかし、試合終盤にホーキンソン選手に連続得点を許し、逆転負けを喫しました。

戦術の分析:富山の守備戦略とその課題

富山グラウジーズはこの試合で、堅守を前面に押し出した戦術を展開。

特に、ホーキンソン選手に対する徹底マークは一定の成果を挙げましたが、攻撃面での効果的な戦術が不足していたことが、結果として敗戦につながりました。

チーム戦術の再評価と、攻守のバランスの見直しが急務と考えられます。

まとめ:連敗記録と今後の展望

富山グラウジーズは、残りのシーズンでどのようにしてこの連敗から脱却し、来季に向けて再建を進めるのかが注目されます。

チームは次なる戦いに向けて、より積極的なオフェンス戦術を練る必要があるでしょう。

ブースターとしては、次の勝利が待ち遠しいところです。

当記事は以上となります。

あわせて読みたい
【衝撃】富山グラウジーズが指揮官を交代して新たな挑戦 富山グラウジーズが指揮官の交代を発表し、B1リーグでの残留を目指す新たな挑戦が始まりました。 高岡大輔氏のヘッドコーチ退任後、新体制への移行はチームにとって重要...
あわせて読みたい
【衝撃】富山グラウジーズの本拠地「富山市総合体育館」の改修へ向けて:その背景や課題とは!? 富山グラウジーズはBリーグの最上位カテゴリーである「Bプレミア」への参入を目指してます。 そのための重要なステップとして、本拠地である富山市総合体育館の大規模な...
あわせて読みたい
【衝撃】富山グラウジーズの敗戦に隠されたチームの努力と未来への希望 富山グラウジーズが信州ブレイブウォリアーズとの激闘に敗れ、Bリーグ1部での最下位が確定しましたが、そこに隠された努力とは何か。 当記事では、富山グラウジーズの奮...
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次