【衝撃】迷惑な高齢者に悩む携帯ショップ店員の実情:「ここは老人ホームじゃない」

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

高齢化社会が進む中、携帯ショップの店員は日々多くの高齢者に対応しています。

しかし、その中には困った行動をとる「迷惑な高齢者」も多く、店員達は大きなストレスを感じています。

本記事では、携帯ショップで働く高田花さん(仮名・20代)の実体験を通じて、彼女達が直面する問題やその影響について深堀りします。

目次
スポンサーリンク

背景と問題提起:携帯ショップ店員の厳しい現実

高田花さんは、都内の携帯ショップに5年間勤務しています。

学生時代から接客業に興味を持ち、「お客様の笑顔が見たい」という思いでこの仕事を選びました。

しかし、現実は厳しく、特に高齢者からの理不尽な要求や罵声に苦しんでいます。

高齢化社会において、携帯ショップの店員が直面する厳しい現実とは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

具体的な迷惑行為の例:迷惑老人の実態

・オープン前に侵入:80代の女性が開店前にドアをこじ開けて入ってきて、「膝が悪いから座らせてほしい」と要求。

・通信アンテナが壊れた:高齢者が「通信アンテナが壊れた」と意味不明な事を言って来店するが、実際にはスマホが機内モードになっていただけ。

・「通知のランプが消えない」や「アプリを消したから入れなおしてほしい」とか、本当に店員がやることなのか疑問なお願いをしてくる。

・店内での失禁:高齢者が店内で脱糞・失禁し、店内が混乱に陥る事態も発生。

スポンサーリンク

対応の難しさと負担:携帯ショップ店員の苦悩

高田さんは、「お客様は神様」という昭和生まれの精神に苦しんでいます。

高齢者の中には、契約に同意しておきながら後日キャンセルを要求する人も多く、その対応に追われることもしばしばです。

さらに、迷惑行為に対処するために残業が増え、その割に合わない”手取り18万円程度”という低賃金も大きな問題です。

スポンサーリンク

まとめ:高齢者対応の課題と改善提案

携帯ショップ店員が直面する高齢者対応の課題は多岐にわたります。

高田さんのような若い店員達は、迷惑行為や理不尽な要求に耐えながら仕事を続けています。

今後、高齢者対応のシステムやサポート体制の見直しが求められるでしょう。

高田さんが転職を検討しているのも無理はありませんし、サービス業全体の改善が必要です。

当記事は以上となります。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次