【衝撃】シャオミがXiaomi Pad 6S Pro 12.4を発表:ハイエンドなタブレット

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

Xiaomi Japanが、新たに12.4インチのハイエンドAndroidタブレット「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」を発売しました。

市場想定価格は8GB/256GBモデルが6万9800円、12GB/512GBが8万4800円となっており、競争力のある価格設定が特徴です。

この新モデルは、大型ディスプレイと高性能なスペックを備え、多様なユーザーのニーズに応える設計となっています。

目次
スポンサーリンク

製品の詳細

引用:TECHNOEDGE

Xiaomi Pad 6S Pro 12.4は、3K解像度(3048×2032ピクセル)の液晶ディスプレイを搭載し、最大で144Hzの可変リフレッシュレートをサポートします。

最大輝度は900ニト、Dolby VisionとHDR 10に対応し、DCI-P3の色域もカバーしています。

SoCはSnapdragon 8 Gen2を採用し、RAMは8GBまたは12GB(LPDDR5X)、ストレージは256GBまたは512GB(UFS4.0)を搭載。

バッテリー容量は1万mAhで、スタンバイ時間は最大22日間、120Wのハイパーチャージにより約35分でフル充電が可能です。

WiFi 7とBluetooth 5.3に対応、モバイル通信には非対応ですが、充実した無線接続環境を提供します。

競合品との比較

競合製品としては、iPad ProやSamsung Galaxy Tab Sシリーズが挙げられます。

Xiaomi Pad 6S Pro 12.4は、これらの競合製品に対して、価格面での優位性が際立っています。

iPad Proが20万円前後の価格帯であるのに対し、Xiaomiの新タブレットは約7万円からと手頃な価格設定です。

また、144Hzのリフレッシュレートや120Wハイパーチャージ対応など、ハイエンドな機能も備えており、性能面でも競争力があります。

ユーザー体験

実際のユーザー体験としては、大型ディスプレイによる広い作業空間と鮮やかな映像表示が好評です。

特に、映画や動画の視聴、ゲームプレイにおいて、その性能が最大限に発揮されます。

専用アクセサリとして、タッチキーボードやフォーカスペンも提供されており、これらを組み合わせることで生産性がさらに向上します。

ただし、モバイル通信に非対応である点は、外出先での利用を考えるユーザーにとってはデメリットとなる可能性があります。

まとめ

Xiaomi Pad 6S Pro 12.4は、その大型ディスプレイ、高性能なハードウェア、そして競争力のある価格設定で、ハイエンドタブレット市場に新たな選択肢を提供します。

特に、コストパフォーマンスを重視するユーザーや、映像コンテンツの視聴を重視するユーザーにとって魅力的な製品です。

専用アクセサリを活用することで、さらに幅広い用途に対応可能であり、総合的に見て非常にバランスの取れたタブレットと言えるでしょう。

当記事は以上となります。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次