【衝撃】サグラダ・ファミリアが2026年に完成予定:140年の時を超えた軌跡

  • URLをコピーしました!

スペインのバルセロナにある、世界的に有名なサグラダ・ファミリア聖堂が、ついに2026年にその長い建設の旅を終えることになります。

1882年に始まったこの壮大なプロジェクトは、建築家アントニ・ガウディ氏の独創的なビジョンによって導かれ、140年以上の歳月を経て、世界中から注目される歴史的瞬間に向けて進んでいます。

当記事では、ガウディの設計の特徴、建設の軌跡と現在の進捗、そして聖堂が世界遺産としてどのような価値を持つのかを掘り下げていきます。

目次

アントニ・ガウディ氏のビジョンと設計の特徴

建築家のアントニ・ガウディ氏は、サグラダ・ファミリアをただの教会以上のものにすることを夢見ました。

彼の設計は自然の形態に強く影響を受けており、曲線的な構造、複雑な彫刻、光と色の鮮やかな使用が特徴です。

18の尖塔は、キリスト、聖母マリア、12使徒、そして4人の福音書記者を象徴しています。

また、ガウディ氏のビジョンは、建築と信仰の融合を目指したものであり、訪れる人々に深い印象を与え続けています。

引用:CNN.co.jp

建設の軌跡と現在の進捗

サグラダ・ファミリアの建設は、ガウディ氏の死、スペインの内戦による中断、技術的な挑戦など、多くの困難に直面しました。

しかし、これらの障害を乗り越え、聖堂は着実に進展を続けています。

最終的な塔、イエス・キリストの塔は、聖堂の中心に位置し、全体の高さは172.5メートルとなり、最後に高さ17メートルの十字架を設置する予定です。

この塔が完成すれば、サグラダ・ファミリアはドイツのウルム大聖堂を抜いて世界一高い教会になります。

世界遺産としての価値と影響

1984年にユネスコの世界遺産に登録されたサグラダ・ファミリアは、そのユニークな建築と歴史的な意義で、世界中から訪れる人々を魅了し続けています。

聖堂は、ガウディ氏の建築技術と創造性の極みを示すものであり、バルセロナの文化的な独創性の一部として不可欠な存在です。

その完成は、世界遺産としての価値をさらに高め、将来世代に向けた貴重な遺産を残すことになります。

サクラダ・ファミリアとキン肉マンの関係

人気漫画のキン肉マンでは、サクラダ・ファミリアが完璧超人始祖サイコマンの重要な拠点として登場してました。

引用:キン肉マン 48巻
引用:キン肉マン 48巻
引用:キン肉マン 48巻

また、オメガ・ケンタウリ六鎗客がサクラダ・ファミリアを狙って強襲してきたのも印象的です。

引用:キン肉マン 61巻
引用:キン肉マン 61巻
引用:キン肉マン 61巻

筆者のようなキン肉マンファンとしてはサクラダ・ファミリアの動向に注目が集まります。

まとめ

サグラダ・ファミリア聖堂の完成は、ガウディ氏の遺したビジョンの実現であり、スペインだけでなく世界中の人々にとっての希望です。

この聖堂が持つ美しさと歴史的重要性は、その完成後も長い間、世界中の人々を引き付け続けるでしょう。

また、2026年の完成に向けて、この壮大な建築物の最終章を目撃出来ることでしょう。

当記事は以上となります。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次