【衝撃】シャオミの高コスパハイエンド「POCO F6 Pro」登場!!:SoCとディスプレイに特化

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

2024年5月23日、シャオミは「POCO」ブランドから新たなハイエンドスマートフォン「POCO F6 Pro」とWi-Fiタブレット「POCO Pad」を発表しました。

これらの製品は、シャオミの特徴である高いコストパフォーマンスと先進的な技術を融合させた魅力的な選択肢となっています。

当記事では、これらの新製品の詳細を深堀りします。

目次
スポンサーリンク

POCO F6 Proの概要

「POCO F6 Pro」は、シャオミの「POCO」ブランドから登場した最新のハイエンドスマートフォンです。

このブランドは、上位ブランド「Xiaomi」と普及価格帯の「Redmi」と並び、高性能を低価格で提供することを目指しています。

「POCO F6 Pro」は、約2年ぶりに新製品として日本市場に登場し、その驚異的なコストパフォーマンスが注目されています。

・ボディサイズ:74.95mm(幅)×160.86mm(高さ)×8.41mm(厚さ)

・重量:209g

・ディスプレイ:6.67インチの有機ELディスプレイ、WQHD+(3200×1440)の解像度、1~120Hzの可変リフレッシュレート、HDR10+、Dolby Vision対応

・サウンド:Dolby Atmos対応ステレオスピーカー

・通信:Bluetooth 5.3、NFCポート(FeliCa非対応)

引用:価格.com

POCO F6 Proの詳細スペック

「POCO F6 Pro」の最大の特徴はそのスペックにあります。最新の技術と高性能な部品を搭載しながら、手頃な価格を実現しています。

・SoC:Snapdragon 8 Gen2(2022年末登場)

・メモリー:12GB LPDDR5X

・ストレージ:256GBまたは512GB(UFS 4.0)

・カメラ:5000万画素の広角カメラ(光学式手ブレ補正付き)、800万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラ

・バッテリー:5000mAh、120W急速充電対応(最短19分でフル充電)

・OS:Android 14ベースのXiaomi Hyper OS

引用:価格.com

POCO Padの概要

「POCO Pad」は、シャオミの「POCO」ブランドとして初のタブレット製品です。

高性能なタブレットが手頃な価格で提供されることで、さらに多くのユーザーにアピールしています。

・ディスプレイ:12.1インチの液晶ディスプレイ、2.5K(2560×1200)表示、30/48/50/60/90/120Hzの可変リフレッシュレート、Dolby Vision対応

・サウンド:クアッドスピーカー、Dolby Atmos、ハイレゾ音源対応、3.5mmヘッドホン端子

・SoC:Snapdragon 7s Gen 2

・メモリ:8GB LPDDR4X

・ストレージ:256GB UFS 2.2、microSDXC対応(最大1.5GB)

・バッテリー:10000mAh、16時間のストリーミング動画視聴、33W充電器付属

・2024年6月中旬発売予定

引用:価格.com

まとめ

シャオミの「POCO F6 Pro」と「POCO Pad」は、同社の強みである高いコストパフォーマンスと先進的な技術を融合させた製品です。

「POCO F6 Pro」は、最新のSoCとディスプレイ技術を搭載しながら、手頃な価格で提供され、特にゲーマーや高性能スマートフォンを求めるユーザーにとって魅力的な選択肢となります。

一方、「POCO Pad」は、タブレット市場においても優れた性能と価格のバランスを実現し、多くのユーザーにとって理想的なデバイスとなるでしょう。

当記事は以上となります。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次