【衝撃】沖縄慰霊の日に平和を誓う:玉城知事の平和宣言と自衛隊増強への懸念

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

毎年6月23日、沖縄県は「慰霊の日」を迎えます。

この日は沖縄戦で命を落とした20万人余の人々を追悼し、平和への誓いを新たにする重要な日です。

2024年の慰霊の日の式典では、玉城デニー知事が平和宣言を行い、自衛隊増強に対する懸念を表明しました。

当記事では、沖縄慰霊の日の意義や玉城知事の平和宣言の詳細について掘り下げます。

目次
スポンサーリンク

背景情報:沖縄戦と慰霊の日の歴史

沖縄戦は第二次世界大戦の最中、1945年に行われた激戦で、多くの民間人が犠牲となりました。

沖縄県はこの悲劇を忘れないために、毎年6月23日を「慰霊の日」と定め、犠牲者を追悼し平和を祈念する行事を続けています。

平和祈念公園には、沖縄戦などで亡くなった人々の名前を刻む「平和の礎」があり、毎年新たな名前が追加されています。

玉城知事の平和宣言

自衛隊増強に対する県民の不安

玉城デニー知事は、今年の平和宣言の中で、自衛隊の急激な配備拡張に対する県民の強い不安を表明しました。

沖縄の防衛力強化が地域の緊張を高めているとし、岸田文雄首相を前に「沖縄の現状が戦没者の魂を慰めるものになっているのか」と問いかけました。

「沖縄のこころ」の発信

玉城知事は、抑止力強化が地域の緊張を高めていることに触れ、平和を願う「沖縄のこころ」を国内外に発信することの重要性を強調しました。

彼は、しまくとぅば(沖縄の方言)と英語を交え、交流による信頼関係の構築を訴えました。

式典の詳細

沖縄全戦没者追悼式の様子

慰霊の日の式典は、糸満市摩文仁の平和祈念公園で行われ、遺族や各界の代表者が参列しました。

正午の時報とともに黙とうが捧げられ、玉城知事の平和宣言が行われました。参列者には額賀福志郎衆院議長や尾辻秀久参院議長も含まれていました。

平和の礎に刻まれた新たな名前

「平和の礎」には今年も181人の名前が追加され、刻銘総数は24万2225人に達しました。

慰霊の日が日曜日にあたったため、多くの人々が早朝から訪れ、碑の前には多くの花束が供えられました。

平和への訴え

交流による信頼関係の構築

玉城知事は、平和宣言の中で、交流による信頼関係の構築が平和の維持に不可欠であると強調しました。

彼は、「沖縄のこころ」を国内外に発信し、平和のメッセージを広めることの重要性を再確認しました。

戦没者遺族の誓い

県遺族連合会の我部政寿会長は、終戦から79年が経つ中、遺児の平均年齢が83歳となり、組織の維持が困難であることに触れつつ、2度と戦没者遺族を出さないという強い信念をもって活動を続けることを誓いました。

まとめ

沖縄慰霊の日は、戦争の悲劇を忘れず、平和を誓う日です。

2024年の式典では、玉城知事が自衛隊増強に対する懸念を表明し、平和への願いを強調しました。

交流による信頼関係の構築と「沖縄のこころ」の発信が、未来の平和を築く鍵となるでしょう。

当記事は以上となります。

あわせて読みたい
【衝撃】沖縄慰霊の日:沖縄戦が終結した日に追悼式が開催される 沖縄は毎年6月23日に「慰霊の日」を迎えます。 この日は、沖縄戦の終結を記念し、戦争で亡くなった多くの人々を追悼する日です。 2024年で79年目を迎える慰霊の日には、...
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次