【衝撃】沖縄慰霊の日:沖縄戦が終結した日に追悼式が開催される

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

沖縄は毎年6月23日に「慰霊の日」を迎えます。

この日は、沖縄戦の終結を記念し、戦争で亡くなった多くの人々を追悼する日です。

2024年で79年目を迎える慰霊の日には、多くの人々が集まり、平和への祈りを捧げました。

当記事では、慰霊の日の歴史や行事、そして沖縄の平和への取り組みについて深堀りします。

目次
スポンサーリンク

慰霊の日の歴史と背景

沖縄慰霊の日は、1945年6月23日に沖縄戦が終結したことを記念しています。

沖縄戦は、一般住民を巻き込んだ激しい地上戦であり、多くの犠牲者を出しました。

特に沖縄本島南部の糸満市摩文仁は激戦地となり、多くの住民が命を落としました。

この戦争の悲劇を忘れず、平和を祈るために毎年この日が設けられています。

慰霊の日の行事

毎年6月23日には、糸満市摩文仁の平和祈念公園で沖縄全戦没者追悼式が行われます。

この追悼式には多くの遺族や県民が参加し、戦争の犠牲者に黙とうを捧げます。

今年も玉城デニー知事が平和宣言を読み上げ、岸田文雄首相をはじめとする政府高官が出席しました。

また、参加者全員で黙とうを行い、犠牲者への追悼の意を表しました。

2024年の慰霊の日の特徴

2024年の慰霊の日では、「平和の礎」に新たに181人の名前が追加されました。

これには、沖縄県出身の24人も含まれており、刻銘総数は24万2225人となりました。

これらの名前が刻まれることで、戦争の悲劇とその犠牲者の記憶が次世代に引き継がれていきます。

また、多くの人々が平和祈念公園を訪れ、家族や知人の名前に手を触れ、花を手向けました。

引用:琉球新報

沖縄の平和への取り組み

玉城デニー知事は、今年も平和な社会を築くことが沖縄の使命であり、大きな責務であると強調しました。

戦争の悲劇を繰り返さないために、沖縄県は平和教育や平和活動に力を入れています。

平和祈念公園や平和の礎などの施設は、平和の大切さを学ぶ場として活用されており、多くの観光客や県民が訪れています。

【動画】 3分で知る沖縄戦 なぜ県民の4分の1が犠牲になったのか

動画による解説がありましたので、こちらで共有します。

まとめ

沖縄慰霊の日は、戦争の悲惨さを忘れず、未来の平和を祈る大切な日です。

今年も多くの人々が集まり、犠牲者を追悼し、平和への誓いを新たにしました。

この日を通じて、平和の重要性を再確認し、未来に向けて行動していくことが求められています。

当記事は以上となります。

あわせて読みたい
【衝撃】沖縄慰霊の日に平和を誓う:玉城知事の平和宣言と自衛隊増強への懸念 毎年6月23日、沖縄県は「慰霊の日」を迎えます。 この日は沖縄戦で命を落とした20万人余の人々を追悼し、平和への誓いを新たにする重要な日です。 2024年の慰霊の日の式...
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 「沖縄に基地負担を…」 と岸田総理が発表するなら、
    何故?辺野古の綺麗な海を埋めてまで、新基地を作るのでしょう⁉️
    発表してる事と行動がいつも通り、違うんですが~
    また、安倍晋の時の弔辞の(菅&岸田 総理の)ゴーストライターに書かせて~心無く、ただただ読んでるだけなのでしょうか?
    (一緒のゴーストライターなのに菅信者は「岸田に比べて菅さんのは感動する~」って菅アゲ必死にしてました…)

    「普天間は世界一危ない」と発表しますが…
    「基地負担を減らしていく努力」と言うなら、
    嘉手納が在るのに辺野古に新設するって…詭弁ですよね⛩️

コメントする

CAPTCHA


目次