【衝撃】光るスマホNothing Phone (2a) に「Special Edition」登場:国内版はFeliCaに対応

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

英Nothing Technologyは、「Nothing Phone (2a) Special Edition」を日本で6月中旬以降に発売します。

この特別版は、魅力的なデザインと高性能な技術を融合し、日本市場に向けて特別にFeliCa対応を備えています。

また、既にロンドン直営店で販売中です。

目次
スポンサーリンク

製品の概要

Nothing Phone (2a) Special Editionは、透明感のあるデザインを特徴とし、レッド、イエロー、ブルーの3原色を使用して設計されています。

メモリとストレージは12GBと256GBのみの構成で、MediaTekの最新プロセッサ「Dimensity 7200 Pro」を搭載しています。

引用:ITmedia Mobile

デザインとカラー

この特別版スマートフォンは、Nothingのデザインチームが手掛け、レッド、イエロー、ブルーの3色を用いた斬新なデザインを実現しています。

これらのカラーは、同社の他の製品にも使用されており、特にレッドは全オーディオ製品の右イヤホン、イエローは新製品Ear (a) 、ブルーはPhone (2a) Blueに用いられています。

この3色を1つの製品に配色したのは今回が初めてです。

技術仕様

Nothing Phone (2a) Special Editionは、以下の主要技術仕様を備えています。

・プロセッサ:MediaTek Dimensity 7200 Pro(TSMCの4nmプロセス)

・ディスプレイ:6.7型有機ELカメラ: 5000万画素のアウトカメラ

・インタフェース:Glyphインタフェース

・メモリ/ストレージ:12GB/256GB

・価格:5万5800円(税込)

その他の特徴

このモデルは、日本向けにモバイルFeliCaに対応しており、特に国内ユーザーにとって便利な機能を提供します。

また、NothingまたはCMF by Nothingのオーディオ製品とペアリングすると、イヤフォンだけでChatGPTを起動し利用できる点も大きな特徴です。

製品のユニークさ

Nothing Phone (2a) Special Editionは、デザインディレクターのAdam Bates氏が「単なる機能デバイスを超え、印象的なアート作品に昇華した存在」と評価しています。

過去の偉大なデザイナーたちへのオマージュを含むこのデザインは、新しい表現をスマートフォンに取り入れています。

引用:ITmedia Mobile

まとめ

Nothing Phone (2a) Special Editionは、その斬新なデザインと高性能な技術により、特別なスマートフォンとして登場しました。

日本市場向けのFeliCa対応や限定販売の希少性も加わり、魅力的な選択肢となっています。

興味のある方は早めにチェックしてみてはいかがでしょうか。

当記事は以上となります。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次