【衝撃】伊藤忠商事がビッグモーターの新会社を立ち上げる!!総合商社の新戦

  • URLをコピーしました!

伊藤忠商事が中古車販売大手ビッグモーターを買収し、新会社「WECARS(ウィーカーズ)」を設立。

不正請求問題などで揺れるビッグモーターは新しい舵取りで再出発します。

当記事では、伊藤忠商事やWECARSの今後の動向を探ります。

目次

伊藤忠商事によるビッグモーター買収の背景

ビッグモーターは保険金の不正請求問題などが原因で経営が悪化。

伊藤忠商事はビッグモーターのポテンシャルを再生させる機会と見て、買収に乗り出しました。

これにより、伊藤忠商事は自動車関連事業をさらに強化し、グローバル戦略を拡大する狙いがあります。

引用:Automotive media Response

新会社「WECARS」の役割と目的

WECARS(ウィーカーズ)は伊藤忠商事によって新しく設立された会社で、ビッグモーターの事業を引き継ぐ役割を担います。

新会社は、業界の課題に立ち向かいながら、信頼性の高いサービスを提供することで市場の信頼を取り戻すことを目指しています。

経営陣の再編とコンプライアンスの強化

新会社WECARSでは、伊藤忠から50人以上の幹部を送り込み、経営陣を再編。

コンプライアンスの強化や人事評価、報酬制度の見直しを行うことで、組織風土の改革と経営再建を進めています。

また、諸悪の根源である兼重宏行前社長ら創業家一族は経営に関与させないことも明らかにしたとのことです。

事業継続と従業員の雇用維持について

WECARSの設立により、ビッグモーターの全国約250の店舗は継続して運営されることが確定。

新会社は約4000人の従業員の雇用を維持し、経営安定化に努めます。

これにより、従業員やその家族に対する安心を提供し、地域社会にも貢献することを目指しています。

まとめ

伊藤忠商事の戦略的な動きにより、ビッグモーターは新たなリーダーシップと組織体制で市場に再び挑む準備が整いました。

WECARSは自動車業界に新しい風を吹き込みながら、持続可能な成長を目指すことでしょう。

当記事は以上となります。

あわせて読みたい
【衝撃】ビッグモーターで情報漏洩や暴力などの問題行為が今でも相次ぐ!! 中古車販売大手ビッグモーターでは、顧客情報の漏洩や暴力、セクハラといった問題が続出しています。 最近の調査により、少なくとも14件の不祥事が内部で公表され、これ...
あわせて読みたい
【衝撃】ビッグモーターがWECARS(ウィーカーズ)として新たなスタートを切る!! 中古車販売大手のビッグモーターは、自動車保険の不正請求問題により経営危機に陥った後、組織再編を経て「WECARS(ウィーカーズ)」として新たなスタートを切ります。 ...
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次