【衝撃】ヒナの救助劇がネットで話題に:散歩中の意外な発見

  • URLをコピーしました!

地面に突然落ちたきた野鳥のヒナ。

散歩中に発見した夫婦がとった行動とは?

この一見些細な出来事がネットで大きな反響を呼び、多くの「いいね」を獲得しました。

目次

事の背景や詳細

沖縄県本島南部で起こった出来事です。

散歩をしていた夫婦が、バタバタという音と共に目の前に落ちてきたのは、シジュウカラのヒナでした。

このヒナは、まだ巣立ち前で、頭にはポヤポヤした羽毛がついており、地面で羽をバタバタと動かしていました。

夫婦は、車の往来があるため、ひとまずヒナを道路から移動させたとのことです。

専門家のアドバイスと規則

野鳥の保護には法的な規則があります。

鳥獣保護法で、野鳥を無許可で捕まえることや飼うのは禁止されています。

専門家は、ヒナを見つけた場合、巣があれば戻す、危険が迫っているなら安全な場所に移すことを勧めています。

また、基本は親鳥が戻るのを待つべきだと指摘します。

ネットでの反響と社会的意義

このヒナの救助劇は、エックス上で素早く拡散し、50万回以上の閲覧と5600件を超える「いいね」を集めました。

エックスのユーザーは、

・「こういうGOOD対応こそバズってほしいというか、共感されてほしい」

・「これぞ本当の愛鳥週間、って感じだな」

・「これが!野生動物との!正しい距離感です!」

・「安直な『かわいそうな鳥ちゃんを救出しました!』的なポストより、こういった行為こそ拡散されるべき」

などと、野鳥との正しい距離感や自然との共生の大切さを讃えるコメントを寄せています。

リスクと対処法

野鳥の子育てシーズンには、飛ぶ力が不十分なヒナが地面にいることがよくあります。

カラスやネコから保護するため、また車が頻繁に通る場所では、近くの茂みや植え込み、木の枝先など安全な場所に移すことが推奨されています。

まとめ

この事件は、愛鳥週間中の出来事として、自然との共生や野鳥の保護に対する理解を深める良い機会となりました。

親鳥が見守る中でヒナを適切に保護することの重要性を示し、野鳥との適切な距離感を保つことが重要です。

当記事は以上となります。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次