【衝撃】出口の無い”ガソリン補助金”が継続、国民の不満がピークに!!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

政府がガソリン価格高騰を抑えるために導入したガソリン補助金が、2024年夏以降も継続される見込みとなりました。

しかし、この補助金に対する国民の不満はピークに達しています。

当記事では、ガソリン補助金の概要やガソリン価格の現状、トリガー条項に関する問題点、そして国民の反応と今後の展望について掘り下げます。

目次
スポンサーリンク

ガソリン補助金の概要

ガソリン補助金は、世界情勢などによる原油高騰を受け、2022年1月から導入されました。

この補助金の目的は、燃油価格の急激な上昇を抑制し、国民生活への影響を緩和することです。

2024年夏以降も継続される方向と報じられており、これまでに6兆円以上の税金が投入されています。

ガソリン価格の現状

2023年6月3日時点で、全国平均のガソリン(レギュラー)価格は1リットルあたり174.8円です。

このうち、ガソリン自体の価格は約102円で、残り約72円は税金にあたります。

この税金は、「ガソリン税」「暫定税率」「消費税」といった形で、二重課税、三重課税となっている現状があります。

トリガー条項について

トリガー条項とは、ガソリン小売価格が1リットル160円を3カ月連続で超えた場合に「暫定税率」を減税する仕組みです。

しかし、2011年の東日本大震災後の復興財源確保のために、この条項は凍結されており、現在もその状態が続いています。

このため、国民からは「トリガー条項を無視している」との批判が多く寄せられています。

国民の反応と意見

ガソリン補助金に対する国民の反応は様々です。

一部では、

・「助かる」

・「感謝する」

との声もありますが、大多数は批判的な意見です。

例えば、

・「ガソリン補助金ではなく、直接的なガソリン税の減税・撤廃をすべき」

・「トリガー条項を適用すべき」

といった声が多く見られます。

また、Yahoo!ニュースのコメント欄にも厳しい意見が並び、補助金による一時的な対策では根本的な解決にはならないと考える人が多いようです。

補助金継続の影響と今後の展望

2024年6月現在、ガソリン補助金をやめるとガソリン価格が200円程度になると予測されています。

これにより、一般ユーザーだけでなく、販売や流通業界にも大きな影響を及ぼし、さらなる物価高騰を引き起こす可能性があります。

しかし、補助金に6兆円以上の税金が使われている現状を鑑みると、永続的な解決策としては不適切です。

今後は、トリガー条項の復活やガソリン税の見直しなど、根本的な対策が求められます。

まとめ

ガソリン補助金の継続は、一時的な価格抑制には効果的ですが、根本的な解決には至っていません。

国民の不満が高まる中、政府の対応が問われています。

今後は、トリガー条項の復活やガソリン税の見直しといった長期的な視点での対策が必要です。

国民の声に耳を傾け、実効性のある政策を打ち出すことが求められています。

当記事は以上となります。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次