【衝撃】映画「名探偵コナン」が観客動員数1000万人突破!!興行収入は144億円!!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

映画「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」が公開52日間で観客動員数1000万人を突破し、新記録を達成しました。

この劇場版シリーズ27作目は、興行収入144億円を突破し、シリーズ初の快挙となっています。

当記事では、この記録的な快挙について、映画の背景、成功要因、ストーリーの見どころ、興行収入の詳細データ、そして今後の期待と展望までを深堀りします。

目次
スポンサーリンク

映画の概要と背景

引用:ORICON NEWS

「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」は、「名探偵コナン/劇場版シリーズの27作目として、2024年4月12日に公開されました。

「名探偵コナン」は1994年から連載が開始され、1996年にテレビアニメ、1997年に劇場版がスタートした国民的な人気作品です。

今回の映画は公開初日に観客動員数63万人、興行収入9.6億円を記録し、その後も驚異的なペースで観客動員数を伸ばし続けています。

最新作の成功要因

「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」がここまでの成功を収めた要因の1つは、ゴールデンウィーク後も観客動員数が減少しなかったことです。

東宝のコメントによると、6月に入っても前作を上回る勢いで推移しており、SNS上でも大きな反響がありました。

また、応援上映、自動制御ペンライト上映、英語字幕上映など、多様な上映形態も観客の関心を引き、成功に寄与しました。

ストーリーの見どころ

今回の映画の舞台は函館で、服部平次と怪盗キッドの激突が描かれます。

平次は、和葉への告白の場面で立ちはだかるキッドとの対決を経て、物語が展開されます。

また、平次と和葉を見守る大岡紅葉、伊織無我、沖田総司も登場し、シリーズファンには見逃せない展開が続きます。

興行収入の詳細データ

映画「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」の興行収入は以下の通りです。

・初日:観客動員数63万人、興行収入9.6億円

・公開3日間:観客動員数227万4333人、興行収入33.5億円公開10日間:興行収入65億円

・公開22日間:観客動員数732万人、興行収入105億円

・公開25日間:観客動員数845万3000人、興行収入120.99億円

・公開31日間:観客動員数898万人、興行収入128億円

・公開38日間:観客動員数943万人、興行収入135億円

・公開45日間:観客動員数977万人、興行収入140.1億円

・公開52日間:観客動員数1006万人、興行収入144億円

こういうデータから、映画の人気と勢いがうかがえます。

今後の期待と展望

今後も「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」の記録更新が期待されています。

特に、観客の反応やSNSでの声援が続く中で、さらなる興行収入の増加が見込まれています。

また、今後のプロモーション活動や新たなイベントがどのように展開されるかにも注目です。

まとめ

映画「名探偵コナン 100万ドルの五稜星)は、公開52日間で観客動員数1000万人を突破し、新たな記録を打ち立てました。

この成功の背景には、映画自体の魅力だけでなく、多様な上映形態やSNSでの反響も大きく影響しています。

今後もこの勢いが続くことが期待され、さらなる記録更新にも注目です。

当記事は以上となります。

あわせて読みたい
【衝撃】「名探偵コナン」から学ぶ意外な落とし穴:映画館でのスマホのマナー 映画館でのスマホ使用は常識的にはマナー違反とされていますが、最近のスマホは様々な機能を備え、時には映画の内容さえも誤認識することがあります。 特に「名探偵コナ...
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次