【衝撃】人気ラーメン店の武道家の「イヤホンやめて」投稿に賛否両論があり話題になる!!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

東京・早稲田の人気ラーメン店「武道家 本店」の店主がエックスで「イヤホンをつけるのをやめてほしい」と訴えた投稿が話題を呼んでいます。

この投稿の背景には、イヤホン着用の客による回転率の低下があるようです。

当記事では、店主の意見や客の反応、そして店舗側の対応について深堀りします。

目次
スポンサーリンク

店主の投稿内容

東京・早稲田にある人気ラーメン店「武道家 本店」の滝坂滋晃店主は、エックスで「店内でイヤホンをつけるのを止めてほしい」と投稿しました。

雨の日でも行列ができるほどの人気店ですが、イヤホンをつけた客が増え、店主は困っていると訴えています。

具体的には、イヤホンをつけた客が店側の呼びかけに気づかず、スマホを操作したり動画を見ながら食事をすることで、サービスの質が低下しているということです。

イヤホンの影響

イヤホンをつけながら食事をする客が増えたことで、店の回転率が低下していると滝坂店主は述べています。

特に、動画を見ながら食べることで食事の速度が遅くなり、混雑時には問題が顕著になります。

店主によると、イヤホンをつけて食事をする客は全体の約3割に上り、ワイヤレスイヤホンの普及に伴い、この1年で急増しているとのことです。

客の声

この問題について街頭インタビューが行われたところ、客の意見は様々です。

大学生の中には「1人で食べるときはYouTubeやNetflixを見ながら食べるのでイヤホンをつける」と言う人もいれば、「ラーメンに集中したいのでイヤホンはつけない」と言う人もいます。

また、「マナー的にイヤホンをつけない方がいいと思う」という意見もありました。

片耳だけイヤホンをつけて、店側の呼びかけに対応できるようにするという配慮を見せる客もいます。

店側の対応

店内にはすでに、混雑時にはスマホを見ながら食事をしないようにという注意書きがありますが、今後はイヤホンの使用についても明記することを検討中です。

店主は「強制するのは違うが、マナーを守って周りのことを考えてほしい」と述べています。

イヤホンをつけること自体に問題はなく、臨機応変に対応してもらえることが重要だと強調しています。

まとめ

ラーメン店でのイヤホン使用については賛否両論があり、店側の運営に影響を与えることがあります。

客自身もマナーを守り、店側の呼びかけに対応する姿勢が求められます。

ラーメン店でのマナーを見直し、快適な食事環境を維持するために、全員が協力することが大切です。

当記事は以上となります。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次