【衝撃】ASUSが新型ポータブルゲーミングPC「ROG Ally X」を発表!!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

ASUSは、COMPUTEX TAIPEI 2024で新型ポータブルゲーミングPC「ROG Ally X」を発表しました。

前作ROG Allyの上位モデルとして、バッテリー容量やメモリ、SSD容量の大幅な増強が特徴です。

当記事では、「ROG Ally X」の主要スペックやデザイン、インターフェース、そして発売情報について掘り下げます。

目次
スポンサーリンク

主要スペック

引用:ASCLL

ROG Ally Xは、ゲーマーにとって理想的な高性能ポータブルゲーミングPCです。

・CPU:AMD Ryzen Z1 Extreme

・ディスプレイ:7インチ FHD、120Hz、500ニト

・メインメモリ:LPDDR5x、7500MHz、16GBから24GBに増量

・SSD:PCIe4 x4、512GBから1TBに倍増

・バッテリー容量:40Whから80Whに倍増

デザインと機能性

ROG Ally Xは、前モデルからデザインと機能性が大幅に改良されています。

ボディデザイン

新しいブラックカラーを採用し、エルゴノミクスに基づいた丸みを帯びた形状で、快適性を向上させています。

ジョイスティック

耐久性が200万回から500万回に向上し、左右のボタンやスティックの位置も見直されています。

D-Padは格闘ゲームやレトロゲーム向けに設計されており、より正確な8方向入力が可能です。

冷却システム

新デザインの冷却ファンにより、放熱効果が向上。ファンのブレードは半分の厚みになり、排気量が10%増加。

全体の排気量は24%向上し、画面の温度が6℃低下しました。

インターフェースと接続性

インターフェースと接続性も向上し、ユーザーの利便性が高まりました。

ポート

ROG XG Mobile Portが廃止され、Type-Cポートが1つ増加。

USB3.2 Gen2とUSB4の両方に対応し、DP1.4とPD3.0もサポートしています。

快適性

背面のマクロボタンが小型化され、人間工学に基づいた設計により操作性が向上しています。

発売情報

新型ポータブルゲーミングPC「ROG Ally X」は、2024年夏以降に日本で発売予定です。

ゲーマーにとって魅力的なオプションとして期待されています。

まとめ

ROG Ally Xは、前作のAllyから多くの点でアップグレードされ、バッテリー寿命、メモリ、SSD容量、冷却性能が大幅に向上しています。

ゲーマーにとって魅力的な高性能ポータブルゲーミングPCであり、2024年夏の発売を楽しみにしている方が多いはずです。

新型「ROG Ally X」の登場で、ポータブルゲーミングの未来がさらに明るくなることでしょう。

当記事は以上となります。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次