【衝撃】aikoさんが事務所元取締役の裁判に証人として出廷:「洗脳されていた」と証言!!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

シンガー・ソングライターのaikoさんが、事務所に損害を与えた罪に問われている元取締役の裁判に証人として出廷しました。

この裁判でaikoさんは「すべてにおいて洗脳されていた」と衝撃の証言を行い、多くのファンや業界関係者に衝撃を与えました。

当記事では、この事件の背景から裁判の進行状況、そしてその影響と反応について掘り下げます。

目次
スポンサーリンク

aikoさんのプロフィールと主な経歴

引用:日刊スポーツ

・名前:aiko

・生年月日:1975年11月22日

・年齢:48歳

・出身地:大阪府吹田市

・学歴:大阪音楽大学短期大学部卒業

・職業:シンガーソングライター、作詞家、作曲家

・配偶者:一般男性

・aikoさんは、1998年7月にシングル「あした」でメジャーデビューしました。

・彼女は多数のヒット曲を持ち、特に「カブトムシ」「花火」「桜の時」「ボーイフレンド」「キラキラ」などが広く知られています。

・長年、サブスクリプションサービスでの楽曲配信を行っていませんでしたが、2020年2月26日より配信を開始しました。

事件の背景

aikoさんの事務所「buddy go」の元取締役である千葉篤史被告は、2016年から2019年の間に、aikoさんのコンサートグッズの仕入れを水増し請求するなどの不正行為を行いました。

その結果、事務所に約1億円の損害を与えた罪に問われています。

千葉被告の行為は長期間にわたり、事務所経営に深刻な影響を及ぼしました。

aikoさんの証言

2024年6月18日に東京地裁で行われた裁判で、aikoさんが証人として出廷しました。

証言の中でaikoさんは、千葉被告に「すべてにおいて洗脳されていた」と述べ、彼女の意見が常に否定されていたこと、音楽制作にも影響があったことを明かしました。

彼女はまた、事件を知ったときの気持ちについて「最低だなと思った。絶望したし、すごく悔しかった」と語りました。

裁判の進行状況

現在、裁判は証人尋問の段階にあり、aikoさんの証言が重要な証拠となっています。

千葉被告は、これまでの裁判で不正行為を否認しており、今後の進行が注目されています。

検察側は、千葉被告の罪を立証するためにさらなる証拠提出を予定しており、弁護側もそれに対抗する準備を進めています。

影響と反応

この事件は、aikoさんのファンや音楽業界に大きな衝撃を与えました。

ソーシャルメディアでは、多くのファンがaikoさんへの支持を表明し、彼女の勇気ある証言を称賛する声が多数寄せられました。

また、業界内でも、アーティストが安心して活動できる環境の整備が求められる声が高まっています。

aikoさんがエックスで声明を出してました。

まとめ

aikoさんが証人として出廷し、「すべてにおいて洗脳されていた」と証言したことは、元取締役の不正行為の深刻さを浮き彫りにしました。

この裁判は、アーティストとそのスタッフの間の信頼関係の重要性を再認識させるものとなりました。

今後の裁判の行方と、aikoさんの活動に注目が集まることでしょう。

当記事は以上となります。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次